あなたは何派?番外編 ~いろんなドリップ法を見てみる~

あなたは何派?その1〜その6まで、 スタンダードなドリップ方法はひと通り見てきましたので、 ここではそれ以外のちょっとマニアックなドリップ方法をご紹介します。   ここでご紹介するもの中には、 いろんな飲み方があるんです〜世界の飲み方編〜で取り上げたものもありますので、 良ければ、そちらもあわせてどうぞ。     ◼︎パーコレーター 200年ほど前のフランスで生まれた…

あなたは何派?その5 ~理科の実験?~(サイフォン)

  [ad#co-1]   「ペーパードリップ」・「ネルドリップ」はドリップ式、 「フレンチプレス」、「エアロプレス」はプレス式、   といった分類でご紹介してきましたが、 その5は「サイエンス式(?)」と言うべきでしょうか?   ドリップ式、プレス式とは全く違う抽出方法をご紹介しようと思います。     その5「サイフォン』 &nbsp…

あなたは何派?その4 ~空気で押してみましょう~(エアロプレス)

[ad#co-1]   もうひとつ「押し出し系ドリップ方法」をご紹介します。   フレンチプレスよりさらにマイナーで まだあまり知られていませんが、 同様に、これから流行りそうなドリップ方法です。   その4「エアロプレス」   フレンチプレスが、金属フィルターを押し下げて 豆と抽出液を分離するドリップ方法なのに対して、 エアロプレスは、手押しで圧力をかけて…

あなたは何派?その3 ~押してみましょう~(フレンチプレス)

その1「ペーパードリップ」 その2「ネルドリップ」 メジャーなハンドドリップの淹れ方2つ見てきましたので、 今度は少しマイナーなドリップ方法をご紹介していきます。     その3「フレンチプレス』  フレンチプレスとは、 お湯と豆を一緒に入れて、 豆からコーヒーの成分が抽出した頃にプレスして豆と抽出液を分離し、 抽出液をカップに移して飲む、 というドリップ方法です。 &nbsp…

あなたは何派?その2 ~布はどうでしょう?~(ネルドリップ)

ハンドドリップの基本として、 その1ではペーパードリップをご紹介しましたが、 本格的という点では、こちらの方が上かもしれません。   その2では「ネルドリップ」をご紹介します。     ネルドリップとは、 ネル(起毛した布)をフィルターとして淹れるドリップ方法で、 ペーパードリップの原型と言われています。   早速メリット、デメリットを見ていきましょう。 &…

あなたは何派?その1 ~手or機械?~(ハンドドリップ、コーヒーメーカー)

  さて、今回から、 いよいよ家飲みコーヒーで肝心な部分 「ドリップ方法」 を見ていこうと思います。   ドリップ方法には 実にいろいろなやり方があり、 いろんなアレンジもあり、 そして日々どこかで 新しい淹れ方が開発されています。   ここでは、 そんないろんな淹れ方の基本とも言える、 スタンダードなドリップ方法を ご紹介していきます。     …

実は大事、味を左右するポイントその4~抽出速度~ (抽出速度の違いによる味の変化)、そしてまとめ。

その1〜豆の焙煎度〜 その2〜豆の挽き方〜 その3〜水質とお湯の温度〜 と来まして、 ”実は大事シリーズ”ラストは「抽出速度」です。   コーヒーはデリケートな飲み物ですから、 抽出する早さによって、風味が変わってきます。   当たり前の事ですが、 早くお湯を注げば、 その分、早く粉を通り抜けます。   また、 高い位置から注げば、 重力の関係で落下速度が速くなり、 …

実は大事、味を左右するポイントその3〜水質とお湯の温度〜(水質とお湯の温度の違いによる味の変化)

焙煎度による違い、挽き方による違いについて学んだら、 次は「水質と温度について」です。   「水なんかで違い出るの?」 すごい出ます!出まくります!! というか、 ある意味、挽き方や焙煎より大事なんです。 コーヒーは飲み物ですから、 水質によって風味は大きく左右されます。   だから、豆を選ぶのと同じくらい水も慎重に選んだ方がいいんですよ。 その辺りも具体的に解説していきますの…

実は大事、味を左右するポイントその2~豆の挽き方~(挽き方による味の変化とは?)

  「その1~豆の焙煎度~」で、 3種類の焙煎の仕方によって 味は全く違うものになる、 ということが分かりました。   しかし、風味の変化はそれだけでなく、 豆の挽き方によっても、 コーヒーの味は変化するんです。   その2では、 それを具体的に見ていきましょう。   <実は大事、味を左右するポイントその2 ~豆の挽き方〜> 豆の挽き目には、   …

実は大事、味を左右するポイントその1~豆の焙煎度~(焙煎による味の変化とは?)

コーヒーは、 豆を収穫してから生豆になるまでの加工工程と、 焙煎から抽出して飲むまでの間の工程で 無数とも言える味の変化があります。   その中でも特に家飲みコーヒーに重要なのは、焙煎から抽出までの行程。   なぜなら、 コーヒーの果実から生豆になるまでの行程というのは、 自分たちでどうこうなるものではありませんが、 焙煎から抽出までの行程は自分で選ぶことが出来ますよね。 &n…