インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーの違いって?

Pocket
LINEで送る

 

「コーヒーなんてインスタントで充分でしょ、

味なんて大して変わらないんだから」

 

…なんて、言っているあなた。

 

人生、2000倍損していますよ!!

…たぶん

 

と、いうことで、

「インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーって

何がどう違うの?」

というお話です。

 

<インスタントコーヒーとレギュラーコーヒーの違いとは?>

「インスタントはお湯で溶かすコーヒー、

レギュラーはお湯で入れるコーヒーでしょ?」

 

確かにその通りですが、

ちょっと語弊があるような…

 

ということで、

違いをハッキリさせましょう!

 

実は、それぞれの定義を知れば、

その違いは一目瞭然だったりします。

 

<インスタントコーヒー>

焙煎したコーヒー豆から抽出した

コーヒー液を乾燥させて粉末にし、

お湯に溶かすだけで飲めるようにした

インスタント食品

 

<レギュラーコーヒー>

焙煎した豆からコーヒー液を抽出する

飲み方の総称で、

インスタントコーヒーと

区別するため生まれた名称

 

 

「レギュラーコーヒーというコーヒーの抽出方法がある」

っていう風に勘違いされてる人が

意外と多かったりしますが、

レギュラーコーヒーという名称は、

インスタントコーヒー以外すべてのコーヒー

指すんです。

 

ちなみに海外で

「レギュラーコーヒー、プリーズ!」

なんて言ったら、

”レギュラー=規則的”

「規則的なコーヒー」

となり、

「???」

という感じになりますので、

ご注意ください。

(レギュラーコーヒーは和製英語です)

 

ではでは次に、

それぞれのメリット」「デメリット」を見てみましょう。

 

<インスタントコーヒーのメリット>

お湯を注ぐだけですぐ飲める

場所を取らない

ゴミがほとんど出ない

経済的

 

インスタントコーヒーのデメリット>

美味しくない

香りが少ない

 

<レギュラーコーヒーのメリット>

本物の味が楽しめる

芳醇な香りがある

 

レギュラーコーヒーのデメリット>

抽出に時間が掛かる

場所をとる

毎回ゴミが出る

豆以外に消耗品の買い足しが必要

抽出方法によっては、ある程度の技術や知識が必要 

 

 

インスタントコーヒーの

お湯を注ぐだけですぐ飲める

というメリットは、

インスタント食品のメリットにして最大の特徴ですし、

まあこれがなけりゃ

インスタント食品の意味ないですからね(笑)

 

場所を取らない

ゴミがほとんど出ない

経済的

というのも、見逃せない大きなメリット。

 

お湯とインスタントコーヒーと

マグカップがあればOK

ですし

容器が空になるまでゴミは出ません

 

そして何より、

インスタントコーヒーだけ買えばいいわけだから、

非常に経済的

 

そんなメリットが多い

インスタントコーヒーですが、

その代わりの大きな欠点として、

美味しくない

 

この点は、どうあっても

レギュラーコーヒーにはかないません。

 

手軽さの代償であり、

インスタント食品の永遠の課題と

言えるでしょう。

 

 

対してレギュラーコーヒーは、

どんなに簡単にしても

コーヒー器具が必要なので

それを置く場所がいりますし、

冷凍庫にもコーヒー豆の保存スペースが必要です。

 

また、

コーヒー豆とペーパーフィルターなどの消耗品は

毎回使って必ずゴミとなり、

その分の補充も必要なので、

手間とコストがかかります。

 

インスタントコーヒーとは真逆で、

圧倒的にデメリットの多いレギュラーコーヒーですが、

しかし、

そんなデメリットを

ものともしないほどのメリットが

本物の味美味しい

ということ。

 

やはり、本物の味と芳醇な香りは、

何物にも代えがたいもので、

どれだけお金がかかっても

どれだけ手間がかかっても

やめられない魅力があるわけです。

 

それに魅せられた人は、

デメリットがメリットに代わってしまうほど。

 

言い方は悪いですが、

インスタントコーヒーが

どんなに頑張って味や香りを追求しても

所詮、それはインスタントなのです、

本物に敵うはずがありません。

 

だから、

レギュラーコーヒーはなくならないわけです。

 

「じゃあ結局、

インスタントコーヒーとレギュラーコーヒー、

どっちがいいの?」

 

どっちがいいとかありません。

 

手軽さにパッと飲めるのがいいか

手間がかかっても美味しいものを飲むか

 

これにつきます。

 

コーヒーはあくまで嗜好品、

あくまで趣味のものですから、

どっちかにしなきゃいけないわけでもないので、

その時その時で使い分けてもOKなわけです。

 

自分なりの楽しみ方で楽しめれば、

それが一番なのです。

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Follow me!

kiliman

家飲みコーヒーアドバイザー。「どうすれば簡単に家飲みコーヒー(自宅で美味しいコーヒー)が楽しめるようになるのか?」100店舗以上自家焙煎コーヒー店を巡り、50回以上お試しコーヒーセットを試してきた経験を踏まえて、豆選びから器具探しまで、予算、現状などを考慮して、自宅で簡単、確実に美味しいコーヒーが飲める環境を提案。ブログやメルマガでは、家飲みコーヒーを楽しむために必要な情報や知識を随時発信中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo