スタバで、「カフェ・アメリカーノ」を飲んでみた!

Pocket
LINEで送る

 

いろんなコーヒーを飲んでると、

たまに無性に飲みたくなるのが

「カフェ・アメリカーノ」

 

これまで何度か取り上げてきましたが、

改めて何かと言いますと、

 

カフェ・アメリカーノとは

エスプレッソをお湯で割ったコーヒー

です。

 

お湯で割ると聞くと、

真っ先に「アメリカンコーヒー」

思い浮かべる人もいると思いますが、

アメリカンコーヒーは

「”ドリップコーヒー”をお湯で割ったもの」

つまり、

普通のコーヒーをお湯で薄めただけ、

ということです。

 

ただカフェ・アメリカーノは

まだまだマイナーで、

普通のカフェや喫茶店ではなかなか無く

スタバでも注文すると

時々「えっ!?」って顔されます(笑)

(「いや、メニューにあるやん!」って、ツッコミたくなりますが)

 

でも実は名前が浸透していないだけで、

実はファミリーマートのコーヒーがそうだったり、

(参照→ ファミリーマートのブレンドコーヒーを飲んでみた! )

最近流行りのブルックリンスタイルカフェには

置いてあることが多いのです。

 

今回、カフェ・アメリカーノが、

たまに飲みたくなったタイミングだったので、

ちょっくらスタバで飲んできました。

 

<スターバックス「カフェ・アメリカーノ」>

 

<風味5段階評価>

苦味:★★★

酸味:

コク:★★

甘み:★

 

さっぱり爽やかな苦味

鼻を通り抜けるエスプレッソ独特の風味がすごく心地よく、

ホッと心を落ち着かせてくれる。

 

冷めてくると共に、

少しずつコクが増してくるが、

風味にほぼ変化がないので、

嫌な苦味が一切なく、

淹れたてから変わりなく最後まで美味しく飲めます。

 

居心地がよく無心で飲んでいたので、

写メを撮るのを忘れてしまったぐらいですから(笑)

 

オススメ度→★★★★

 

ーーーーーーーーー

 

この爽やかさとコクのバランスの素晴らしさ

カフェ・アメリカーノの特徴です。

 

エスプレッソ独特の風味を壊さずに、

さっぱりと飲めるこの飲み方を考えた人は、

間違いなく天才です!

キリマンが断言します!

 

…って、言うぐらい美味しいです(笑)

 

そして、もう1つ。

 

カフェ・アメリカーノは、

セカンドウェーブを巻き起こした

シアトル系コーヒーの象徴とも言うべき飲み物

なんです。

 

サードウェーブで再びコーヒーブームが到来し、

再びアメリカンスタイルのコーヒーが

次々と輸入されてきているので、

これから、

カフェ・アメリカーノを見る機会が増えてくるはずです。

 

なので、この機会に、

「コーヒーは苦くて苦手」という人や、

コーヒーデビューのきっかけに、

ぜひ飲んでみてほしいなと思います。

 

きっと、

コーヒーに対するイメージが変わると思いますよ。

 

(2016,9,12追記)

「1996ブレンド」も

カフェ・アメリカーノで飲んでみましたよ

→ http://kiliman.net/wp/?p=4592

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Follow me!

kiliman

家飲みコーヒーアドバイザー。「どうすれば簡単に家飲みコーヒー(自宅で美味しいコーヒー)が楽しめるようになるのか?」100店舗以上自家焙煎コーヒー店を巡り、50回以上お試しコーヒーセットを試してきた経験を踏まえて、豆選びから器具探しまで、予算、現状などを考慮して、自宅で簡単、確実に美味しいコーヒーが飲める環境を提案。ブログやメルマガでは、家飲みコーヒーを楽しむために必要な情報や知識を随時発信中。

この投稿へのコメント

  1. 少し違うのではないですか?
    お湯で割ると聞くと、
    真っ先に「アメリカンコーヒー」を
    思い浮かべる人もいると思いますが、
    アメリカンコーヒーは
    「”ドリップコーヒー”をお湯で割ったもの」
    つまり、
    普通のコーヒーをお湯で薄めただけ、
    ということです。

    これ アメリカンコーヒーの名誉の為に反論します。
    アメリカンコーヒーは浅煎た豆を使ったコーヒーです。
    間違ってもお湯で薄めたものではありませんよ。

  2. 少し違うのではないですか?
    お湯で割ると聞くと、
    真っ先に「アメリカンコーヒー」を
    思い浮かべる人もいると思いますが、
    アメリカンコーヒーは
    「”ドリップコーヒー”をお湯で割ったもの」
    つまり、
    普通のコーヒーをお湯で薄めただけ、
    ということです。

    これ アメリカンコーヒーの名誉の為に反論します。
    アメリカンコーヒーは浅煎た豆を使ったコーヒーです。
    間違ってもお湯で薄めたものではありませんよ。

    1. のりゆさん

      コメントありがとうございます。

      確かに本来の「アメリカン」は、
      浅煎りコーヒーのことを指しますが、
      日本では「アメリカン」と聞くと
      多くは「ドリップコーヒーのお湯割り」を想起するので、
      一般論としてそう述べさせてもらいました。

      一応、こちらで本来の意味の解説もしています。

      http://kiliman.net/wp/?p=67

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo