魔法のコーヒー七変化 〜◯◯を入れると、コーヒーが上手くなる!〜

Pocket
LINEで送る

 

「ちょっとコーヒーでも」…と、

お店に入ってゆったりしながら、

コーヒーを一口飲んだら、

 

「まずっ!!」

 

エグミ、雑味だらけで、

思わず水をガブ飲みしたくなるほど

クソ不味いコーヒーだったら、

あなたはどうしますか?

 

「そんなの、速攻で店を出る!」

はい、それ正解です。

 

そんな飲みきるのが困難なほど

クソ不味いコーヒーなんて捨て置いて

さっさと店を出て、

口直しにコンビニコーヒーでも飲んだ方が

まだ美味しいでしょう。

 

けど、ちょっと待ってください!

 

そうする前に、

ぜひ試してみてほしい事があるんです。

 

もしかしたら、その不味いコーヒーが

美味いコーヒーに化けるかもしれませんよ。

 

「そんなバカなこと、あるわけないじゃん!」

ところがあるんです。

 

あまりにも不味過ぎるものは

無理かもしれませんが、

(そんなコーヒーを出す事自体、どうかという感じですが)

あるものをほんの少しコーヒーに足すだけで

劇的に味が変化して、

まずくて飲めなかったコーヒーが、

美味しく飲めるようになることがあるのです。

 

そのあるものとは…

 

「塩」

 

!?

 

「んなアホな〜」と眉をしかめた人、

期待通りの反応ありがとうございます(笑)

 

そうなんです、

塩をほんの”ひとつまみ”入れるだけで、

味がガラッと変わるんです。

 

酸味が抑えられて苦味が柔らかくなり、

まろやかで飲みやすいコーヒーになるんだとか。

 

それでも信じられないという人もいると思うので、

キリマン体を張って実験してみました。

 

先日レビューした

茜珈琲の豆がまだ残っているので、

酸味・苦味のバランスが美味しかった

「モカ・イリガチェフ」

を使ってやってみました。

 

2015-06-01 22.00.11

 

酸味、苦味がハッキリしているものの方が

変化は分かりやすいはずですからね。

 

で、相変わらずのフレンチプレスで淹れて

モカ・イリガチェフ出来ました!

(カップが汚ないとか、言わn…)

2015-06-01 22.00.48

 

塩の準備も完了!

 

あ、前もって言っておきますが、

「間違えて砂糖入れちゃった!(テヘペロ)」

とかいうオチはありませんw

 

2015-06-01 22.01.15

 

ほんの”ひとつまみ”で充分効果がある

とのことなので、

これぐらいにしてみました。

 

2015-06-01 22.02.00

 

勇気を出して、パラパラ〜っと。

 

2015-06-01 22.17.06

 

ドキドキしながら、

スプーンでかき混ぜます。

 

2015-06-01 22.02.29

 

もちろん、

見た目に変化はまったくありません。

 

さて、お味の方はどう変わったのか?

 

2015-06-01 22.02.10

 

期待と不安に押しつぶされそうになりながら、

ひと口…

 

!!!

 

おっと、イリガチェフじゃない!

 

イリガチェフ特有の酸味が

ほとんどなくなっています。

 

逆に、酸味がなくなった分、

コクがしっかり感じられるように。

 

苦味も柔らくて丸みのあるものになっていて、

もはや、まったく別物のコーヒーです。

 

分かりやすく、

キリマンお得意の5段階評価で表してみると、

 

<Before>

苦味:★★

酸味:★★★

コク:★

甘み:★★★

香り:★★★★

 

<after>

苦味:★★

酸味:★

コク:★★

甘み:★★

香り:★★★

 

淹れ方や冷めてくることによる変化とは明らかに違い、

ガラッと味が変わりました。

 

正直、

これほど変わるとは思ってもみなかったので、

めちゃめちゃビックリです。

 

「でも、塩を入れただけで、

なんでこんなに変わるの?」

 

実はこれは、

塩が持つ「抑制効果」という

働きによるものなんです。

 

人間には、

5つの味覚(甘味、酸味、苦味、塩味、旨味)

がありますが、

抑制効果は、

このうちの2つの味を感じる時、

片方の味が、もう片方の味を弱めてしまう現象

のことをいいます。

 

例えば、日本人におなじみの「酢飯」

 

酢だけ入れたものは

酸っぱくて食べづらいですが、

一緒に砂糖や塩をあえることで、

酸っぱ味を抑えて酢をまろやかにするので、

美味しく食べることが出来るのです。

 

これと同じことが

コーヒーでも起こったということですね。

 

実は、この飲み方は、

コーヒー発祥の国エチオピアでは

当たり前に行われていて、

人をもてなす時の伝統の儀式

「コーヒー・セレモニー」でも、

2杯目に飲むコーヒーには塩を入れると、

決まっているそうです。

 

さて本題に戻り、

「酸化してすっぱくなったコーヒーに塩を加えれば

すっぱさを抑えてくれるのか?」

という疑問。

 

答えは

「◯」

です。

 

酸化した酸味と言えど、

酸味には変わりないので、

同じように抑制効果が働きます。

 

なので、

不味いコーヒーに出くわしたら、

店主に投げつける前に塩を入れてみましょう

 

もしかしたら、

自分好みのコーヒーに大化けする

 

…かもしれませんよ(笑)

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Follow me!

kiliman

家飲みコーヒーアドバイザー。「どうすれば簡単に家飲みコーヒー(自宅で美味しいコーヒー)が楽しめるようになるのか?」100店舗以上自家焙煎コーヒー店を巡り、50回以上お試しコーヒーセットを試してきた経験を踏まえて、豆選びから器具探しまで、予算、現状などを考慮して、自宅で簡単、確実に美味しいコーヒーが飲める環境を提案。ブログやメルマガでは、家飲みコーヒーを楽しむために必要な情報や知識を随時発信中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo