Qグレードコーヒーって何ぞや?

Pocket
LINEで送る

 

コーヒーの規格として、

これまで

「レインフォレストアライアンス」

「グッドインサイド」

「バードフレンドリー」

などを取り上げてきました。

 

(詳しくはこちら→

http://kiliman.net/wp/?p=1418

 

それらは主に

継続的な生産を行える環境を重視した

国際的な認証規格でしたが、

それとはまた別に

Qグレード

というものがあるのをご存知ですか?

 

「何それ?聞いたことないんだけど」

まだまだ認知度が低いので、

知らない方も多いと思いますが、

徐々に広がりつつある国際認証規格なんです。

 

そこで、

今回は「Qグレード」について見ていきましょう。

 

これを知ったら、

今日までのコーヒーと明日からのコーヒーに

雲泥の差が生まれるかもしれませんよ。

 

<Qグレードコーヒーって何ぞや?>

 

こんなマークを見たことありませんか?↓

 

img55782985

 

これは「Qグレード」の認証マークなのですが、

「Qグレード」とは、

「コーヒー品質協会(CQI)」が認定する

「Qグレーダー」という資格をもつ認定員3人によって、

アメリカ スペシャルティーコーヒー協会(SCAA)の

基準にのっとった判定方法で品質審査を行い、

80点以上獲得した豆に対して与えられる規格です。

 

ここで認められた豆は

「Qグレードコーヒー」と呼ばれ、

高品質が保証されるのです。

 

(ちなみにQグレードの”Q”は“QualityのQ”です)

 

美味しいコーヒーを飲むには、

コーヒー豆の品質が第一ですから、

この認証マークがあるコーヒーを選べば

間違いないということです。

 

もちろん、

Qグレードはコーヒーを使った豆であったとしても、

仕入れたお店の焙煎のやり方や品質管理などによって

風味は大きく変わるので、絶対ではありませんが。

 

まだまだ日本には浸透しておらず、

知名度も低いですが、

美味しいコーヒー豆を買うときの参考として

大いに役立つと思いますよ。

 

日本スペシャルティコーヒー協会のHPには

より詳しいことが載っているので、

こちらもご参考に。

→ http://www.scaj.org/activity/q-grader/q-grader-2/overview

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Follow me!

kiliman

家飲みコーヒーアドバイザー。「どうすれば簡単に家飲みコーヒー(自宅で美味しいコーヒー)が楽しめるようになるのか?」100店舗以上自家焙煎コーヒー店を巡り、50回以上お試しコーヒーセットを試してきた経験を踏まえて、豆選びから器具探しまで、予算、現状などを考慮して、自宅で簡単、確実に美味しいコーヒーが飲める環境を提案。ブログやメルマガでは、家飲みコーヒーを楽しむために必要な情報や知識を随時発信中。

この投稿へのコメント

  1. ゆうパックの商品で9グレードの言葉を知ってたどり着きました。正にコーヒーの階級は、日本の士農工商並みの、9グレード位あると勉強に、なりました。某18のコンビニですら三百円から千円弱まで多くのコーヒーが楽しめる良い時代になりましたが、ご近所さんではストレートコーヒーが飲める喫茶店が数少なくなり、通販にロマンを求めなければ為らない時代に・・・(泣)某Gのつくロボットアニメでは二百年後にも、コーヒーらしき飲み物を飲む描写がありますが果たして現実は、どうなるかなとか、考えてます。又勉強させて下さいませ。有り難う御座いました。

    1. 新井洋さん

      コメントありがとうございます(^^)

      なるほど、ゆうパックの商品に
      Qグレードコーヒーのものがあるんですね、
      それは知りませんでした。

      今はコーヒーの品質は着実に向上しているのと同時に、
      いろんな飲み方が考案されてきていますので、
      逆にストレートコーヒーだけのお店は減ってるかもしれませんね。

      それでも美味しいコーヒーの原点は
      ストレートコーヒーですから、
      いずれ必ず戻ってくるはずですので
      期待して待ちましょう(^^)

      もし通販でどこで買うのがいいかお悩みでしたら、
      ぜひメルマガに登録してみてくださいね。

  2. ゆうパックの商品で9グレードの言葉を知ってたどり着きました。正にコーヒーの階級は、日本の士農工商並みの、9グレード位あると勉強に、なりました。某18のコンビニですら三百円から千円弱まで多くのコーヒーが楽しめる良い時代になりましたが、ご近所さんではストレートコーヒーが飲める喫茶店が数少なくなり、通販にロマンを求めなければ為らない時代に・・・(泣)某Gのつくロボットアニメでは二百年後にも、コーヒーらしき飲み物を飲む描写がありますが果たして現実は、どうなるかなとか、考えてます。又勉強させて下さいませ。有り難う御座いました。失礼致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo