エアロプレスでコーヒーを淹れてみた!

Pocket
LINEで送る

 

<2017.3.16追加>

エアロプレスの淹れ方を動画で実演してみました!

 

・エアロプレスの淹れ方を動画で解説してみた!

→ http://kiliman.net/wp/?p=5470

 

ハンドドリップ、

フレンチプレス、

水出しコーヒーなど、

コーヒーにはいろいろな淹れ方があり、

今でも毎年のように新しい淹れ方が

世界のどこかで考えられています。

 

そんな最近発明された淹れ方の中でも

特に注目されているのが

 

エアロプレス

 

”エアロ”とは「空気」のこと。

 

つまり、

空気の力を利用してコーヒーを淹れる

という、

今までなかった斬新な淹れ方です。

 

「空気でどうやって淹れるのか?」

「どんな味がするのか?」

その辺りがすごく気になったので、

思い切ってアマゾンで買ってみました。

 

キリマン購入時のお値段は3888円

そんなに思い切る値段ではありませんでしたね(笑)

 

注文からわずか3日後に到着。

うむっ、さすがアマゾン、仕事が早い。

 

届いたのは六角柱の長さ30cmほどの箱。

 

2015-08-14 23.30.49

 

さっそく開封の儀を…

思ったよりもいろいろ入っていますな。

 

2015-08-14 23.34.23

 

パッと見では

イマイチ淹れ方や使い方がよく分からないので、

早速、説明書を見ながら淹れてみたいと思います!

 

2015-08-14 23.35.52

 

 

<エアロプレスでコーヒーを淹れてみた!>

さて、今回使う豆は、

お試しコーヒーセットで見事に虜になった、

珈琲きゃろっとの定期便「くるべさ」で届いた

「旬のブレンド・夕涼み」

(レビューはこちら

 

2015-08-31 22.28.40

 

説明書に書かれている通りのやり方で

淹れていきますよ。

 

(1)チャンバーから

プランジャーとキャップを取り外す。

チャンバーとは、

エアロプレスの道具の中でも

一番大きい筒状のもの。

 

「AERO PRESS」のロゴが入っているので

分かりやすいかと。

 

2015-08-31 21.47.22

 

プランジャーとドッキングしているので、

まずはプランジャーを引っこ抜きます。

(ちょっと力がいります)

 

2015-08-31 21.47.39

(左がプランジャー、右がチャンバー)

 

そして、

チャンバーの底にはキャップが付いているので、

これも取り外します。

 

2015-08-31 21.52.09

 

2015-08-31 21.51.56

 

(2)キャップ内にペーパーフィルターを入れ、

チャンバーの裏にキャップをはめる。

 

エアロプレス用のペーパーフィルター

付属されているので、

これをキャップに取り付け、

チャンバーに戻します。

 

2015-08-31 21.48.40

 

2015-08-31 21.49.47

 

2015-08-31 21.50.41

 

 

(3)チャンバーをマグカップの上に乗せる。

 

ちょっと不恰好(笑)

まあ、こんな感じで良いかと。

 

2015-08-31 21.52.32

 

(4)エアロプレス専用スプーンを使って、

細挽きのコーヒー粉をすり切り2杯を

目安にチャンバーに入れる。

 

細挽きとは、

さらさらのコーヒーシュガーぐらいの挽き目で、

目視で粒がなんとか分かるぐらいの大きさ。

 

2015-08-31 22.01.12

 

それをエアロプレス専用スプーンで、

すり切り2杯いれます。

 

2015-08-31 22.09.54

 

2015-08-31 22.15.35

 

ちなみに、

エアロプレス専用スプーンで”すり切り2杯”は、

豆で何gなのか?

という疑問が浮かんだので試してみました。

 

少し多めに30g豆を挽き、

すり切り2杯分をチャンバーに投入して

残った豆の量を測ってみたところ”10g

 

つまり、すり切り2杯は”20g

(すり切り1杯は10g)

 

ということで、

エアロプレスの1杯分は20g

と判明したので、

次からはこの量で挽いて

チャンバーに放り込めばいいわけですな。

 

これで毎回スプーンで測らなくてよし、と。

 

(5)チャンバーの”②”のところまで

お湯をゆっくりと注ぐ。

お湯の温度は80℃が目安。

 

チャンバーに「①〜④」までの目印があるので、

までお湯を注ぎます。

 

注ぐ位置は「②」のちょうど上ぐらいまで。

 

2015-08-31 22.19.13

 

2015-08-31 22.19.34

 

80℃を温度計でイチイチはかるのはめんどくさいので、

「沸騰してボコボコ出ている気泡が無くなってから、

10秒ぐらい経ったもの」

と覚えておいてください。

 

よっぽど温度が高すぎたり低すぎたりしない限り、

大きく風味が変わることはありませんので

ご心配なく。

 

(6)パドルで10秒ほどかき混ぜる。

 

パドルとは、

大きな鍵のような形をしたマドラーのこと。

 

満遍なく混ざるように丁寧にかき混ぜます。

 

底まで突っ込んでかき混ぜると

ペーパーフィルターが破けるので、

少し浅めでゆっくりかき混ぜましょう

(2回ほどやらかした経験者が語りますw)

 

2015-08-31 22.19.48

 

 

(7)プランジャーをチャンバーに差し込み、

 

ゆっくりと圧力を加えてプレスする。

 

乾いた状態では先端のゴムが滑りにくいので、

ゴムの部分を湯に濡らしてから

チャンバーに差し込みます。

(なんか卑猥w)

 

2015-08-31 22.21.08

 

そのままゆっくりと

プランジャーを押し下げていき、

粉に触れたらストップ。

 

結構、力がいります!

 

2015-08-31 22.21.27

 

 

2015-08-31 22.21.33

 

 

(8)ダブルエスプレッソの完成!

 

チャンバーを外してみると…

 

2015-08-31 22.22.06

 

上手く抽出されていますね。

 

でも、このままではさすがに濃すぎるので、

(エスプレッソ好きでもない限り)

お湯を足して、

カフェ・アメリカーノ風にしていただきます。

 

2015-08-31 22.23.07

 

さて、どんな風味なのか?

非常にワクドキです。

 

折角なので、

いつものレビューのように

5段階評価で表してみたいと思います。

 

<風味5段階評価>

苦味:★★

酸味:★★★

コク:★★★

甘み:★★

香り:★★

 

キレのあるコクと、

フルーティでさわやかな酸味

 

全体的に濃い味で、

非常に飲みごたえがあるが、

スッキリしていてしつこくなく美味しい。

 


 

予想通りというか、

予想以上の美味いコーヒーを

淹れることができました!

 

これはクセになります(笑)

 

エアロプレスは、

コーヒーの美味しい成分だけを

ギュッと押し出して抽出する、

手押しエスプレッソマシンということですね。

 

なので、

抽出したコーヒーはかなり濃いめですが、

カフェ・アメリカーノと同様、

4〜5倍に薄めるちょうどいい感じ。

 

好みに応じて

もうちょっと濃いめでも薄めでも

全然美味しく飲めると思います。

(好きな人はそのままでも)

 

さてさて、

せっかくこんな画期的な抽出器が

手に入ったのですから、

どうせなら

普通のドリップでは

なかなか味わえないようなコーヒーを

作ってみようかな、なんて。

 

ということで、

エアロプレスは続きます。

エアロプレスで豆乳(牛乳)ラテを作ってみた!

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Follow me!

kiliman

家飲みコーヒーアドバイザー。「どうすれば簡単に家飲みコーヒー(自宅で美味しいコーヒー)が楽しめるようになるのか?」100店舗以上自家焙煎コーヒー店を巡り、50回以上お試しコーヒーセットを試してきた経験を踏まえて、豆選びから器具探しまで、予算、現状などを考慮して、自宅で簡単、確実に美味しいコーヒーが飲める環境を提案。ブログやメルマガでは、家飲みコーヒーを楽しむために必要な情報や知識を随時発信中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo