ブルーボトルコーヒーのブレンド「スリーアフリカズ」を飲んでみた!

Pocket
LINEで送る

 

これまでも

東京に行く機会があったのにも関わらず、

時間も予定も合わずで諦めざるを得なかった

コーヒー界のアップルこと

ブルーボトルコーヒー

 

今回、ほんのちょびっと(サボって)時間が出来たので、

ついにブルーボトルコーヒーに突入してきました!

 

ブルーボトルコーヒーと言えば、

日本のサードウェーブコーヒーブームの火付け役。

 

改めて

サードウェーブコーヒーとは何かというと、

シングルオリジンという

1つの農園の1種類の豆だけで抽出し、

苦味だけでなく、

個性ある風味を楽しむという

コーヒーのトレンドのことを言います。

 

今回は短い時間ですが

ブルーボトルコーヒーを堪能していきますよ。

 

ということで訪れたのは

ブルーボトルコーヒー新宿店。

 

img_1299

 

うむっ、

洗練されたガラス張りの店舗、

なんか美しい。

 

ドキドキしながら初入店!

 

入ってすぐ左にコーヒーメニューのボード。

 

img_1291

 

今回初めてブルーボトルに来たわけですから、

折角なのでシングルオリジンの実力を~…

 

と行きたかったのですが、

自分ルールを崩すわけにはいきません。

 

「初めてのお店ではブレンドを頼め」に従い、

泣く泣くシングルオリジンはお預けにして

ブレンドをオーダー。

(飲みたきゃ飲めば良かったじゃん、

というツッコミは受け付けません)

 

そうそう、ブルーボトルと言えば、

オーダー時に名前を聞かれて、

一杯一杯ハンドドリップで淹れてくれて、

出来たら名前を呼ぶというシステムでしたね。

 

img_1293

 

初めてだと、

ちょっと気恥ずかしさがあることが

よく分かりました(笑)

 

さて、今日のブレンドは

スリーアフリカズ

 

そのまんま

アフリカのコーヒー豆を

3種類ブレンドしたもの

ということでしょうな。

(どこの国かまでは分かりませんでしたが)

 

ではでは飲んでみますよ。

(何かそういえば、スタバでも昔、

期間限定で同じ名前のがあったような…)

 

<ブルーボトルコーヒー ブレンド「スリーアフリカズ」>

 

img_1295

 

<風味5段階評価>

苦味:★

酸味:★★★

コク:★

甘み:★★

香り:★★★

 

ベリー系の甘酸っぱい香り

紅茶のような少し渋味のある酸味。

 

それでいて口当たりは意外とよく

後味もさわやかに香りが残るが、

酸味系のコーヒーに飲みなれていないと

かなり抵抗を感じる可能性がある。

 

ただ、コーヒーと聞かされずに飲むと、

コーヒーとは分からないレベルに紅茶感が強い。

 

酸味系のコーヒーを

飲んだことがない人にとっては

衝撃を受けるであろう一杯です。

 

ーーーーーーーー

 

さすがブルーボトル。

 

これほどガッツリ酸味を味わえるコーヒーを

用意しているとは驚きです。

 

日本人は酸味が苦手な人が多く、

まだまだ酸味の美味しさを知らない人が

多いことを承知の上でブレンドとして置いてある、

ということを考えれば、

これは酸味の美味しさに自信があるということ。

 

実際、美味しかったです。

 

このレベルのブレンドを味わえるなら、

400円は安い!

 

こうなると、他のブレンドも気になる。

 

制覇したくなりますね~、

どんな顔ぶれなのかと。

 

また今度、東京に来た時、

というか無理矢理にでも用事作って来ようかな(笑)

 

 

・おまけ

何気に向かいにスタバがあるし…

 

img_1300

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Follow me!

kiliman

家飲みコーヒーアドバイザー。「どうすれば簡単に家飲みコーヒー(自宅で美味しいコーヒー)が楽しめるようになるのか?」100店舗以上自家焙煎コーヒー店を巡り、50回以上お試しコーヒーセットを試してきた経験を踏まえて、豆選びから器具探しまで、予算、現状などを考慮して、自宅で簡単、確実に美味しいコーヒーが飲める環境を提案。ブログやメルマガでは、家飲みコーヒーを楽しむために必要な情報や知識を随時発信中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo