タイの豆ってどんな豆?珍しい、タイの豆を飲んでみた!(後編)

Pocket
LINEで送る

 

前回は、

「タイの珍しい生豆を焙煎してくれ!」

という依頼を受け、

キリマン行きつけカンパネラを紹介して

焙煎してもらうことになったが、果たして!

という所まででした。

 

(前半はコチラ→ http://kiliman.net/wp/?p=5852

 

さて翌日、予定通り夕方に再訪すると…

 

 

おぉ~、美しい!

きれいなこげ茶色だ!!

 

香りをかいでみると、甘くて芳ばしい、

食欲をそそる香りがプンプン。

 

たまりませんなあ。

 

カンパネラの主人、

相変わらずいい仕事してます。

 

「飲んでみますか?

と聞かれて飲まないわけがない!

 

ということで、頂きましたよ(笑)

 

ひと口飲んでみると…

 

サッパリとした爽やかな苦味の中に、

しっかりとした甘み。

 

冷めてくるとグッと甘みが増し、

ネルドリップで淹れたかのような

非常にまろやかな味わいに。

 

いやこれは旨いですがな~!

 

まだ焙煎してから

24時間程度しか経ってないので、

実力的なところから言えば、まだ半分程度

 

これから炭酸ガスが抜けて成分変化が進み、

ますます味わいが濃くなり、

甘みも増してくるのでは!

 

一番良いタイミングは、

1週間後!

 

ということで、

一週間冷凍庫で寝てもらいました。

(常温でもOKですが、湿気に注意)

 

まずは香りをば…

 

カンパネラで稼いだ時以上に

チョコレートのような甘い香りが。

 

では早速、飲んでみますよ。

 

旨かコーヒーカンパネラ焙煎「タイ ドンチャン シティロースト」

 

 

<風味5段階評価>

苦味:★★★

酸味:★

コク:★★

甘み:★★

香り:★★★

 

口当たりがまろやかな苦味

ジワっと来る甘みが非常にいいバランス

 

落ち着いてくると、

よりまろやかさが増し、

もはやネルドリップで淹れたのかと

錯覚するほど。

 

コクがあるのに後味の引きもよく

口いっぱいに広がる甘い香りが

さらに飲みたいと思わせてくれる、

コーヒー好きの日本人なら

まず嫌いな人はいないであろう、

非常にまろやかで

絶妙な味わいの美味しい一杯です。

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

 

これは想像以上の旨さです。

 

ストレートで味わってるのに、

まるでネルドリップで淹れたかような

まろやかさがあるコーヒーなんて

キリマン初めてです。

(しかもフレンチプレスで)

 

これがタイの豆の実力なのか!

う~む、お見それしました。

 

これならちゃんとした焙煎をしているお店なら

どこでも人気商品になると思いますよ。

 

でも残念ながら、

タイの豆は本当に日本に入ってないんですな。

 

キリマンも探してみましたが、

取り扱っているお店は見つかりませんでした。

(卸で生豆の販売をしているところはあります)

 

なので、定期的に仕入れられるなら、

カンパネラで取り扱ってもらえれば

日本唯一の取扱店になったかもしれないのですが、

残念ながらそうは問屋がおろさず、

ひとまずは今回限りとなってしまいました。

 

ただ、焙煎はやるとのことなので、

もしかしたら…があるかも。

 

次回に期待しましょう!

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Follow me!

kiliman

家飲みコーヒーアドバイザー。「どうすれば簡単に家飲みコーヒー(自宅で美味しいコーヒー)が楽しめるようになるのか?」100店舗以上自家焙煎コーヒー店を巡り、50回以上お試しコーヒーセットを試してきた経験を踏まえて、豆選びから器具探しまで、予算、現状などを考慮して、自宅で簡単、確実に美味しいコーヒーが飲める環境を提案。ブログやメルマガでは、家飲みコーヒーを楽しむために必要な情報や知識を随時発信中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo