実はキリマンにもオファーがあった!おうちコーヒーの世界が「おいおい…」だった件

Pocket
LINEで送る

 

TBS系列の人気番組

「マツコの知らない世界」で、

先日

おうちコーヒーの世界というのが

放送されました。

 

実はキリマン、

この番組から出演オファーを

いただいていました。

 

ただ、番組がやりたい内容と

キリマンの方針が違っていたので

残念ながら破談。

 

その後、誰が出るのか気になっていたので、

放送を楽しみにしていました。

 

結局、出演された方は焙煎の世界大会で

優勝経験のあるキリマンより断然すごい方でしたが(笑)

 

さて今回、番組を見た感想を

ざっと言っていきたいと思います。

 

前置きしますと

“そこまで言って委員会”的な内容になってまして

知られるといろいろ怒られそうなことを

言いまくってますので、

そのへんご理解の上、読み進めて下さいね。

 

今回放送された内容は、

最新のコーヒーマシンを使って、自宅で美味しいコーヒーを手軽に飲もう!

ってな感じでした。

 

キリマンに来たオファーメールにも

「コーヒーマシンをメインにしたものにしたい」

と書かれてました。

(なので事前に放送内容は知ってました)

 

このオファーを受けて

キリマンはこう考えました。

 

「コーヒーマシンは恐らく

メーカーから提供されるはず。

そうなれば番組内で

紹介しないわけにはいかないから、

マシンの紹介に多くの時間を割き、

実質テレビショッピング的な内容に

なってしまうだろうな」

と。

 

予感は的中。

 

出演された方は焙煎士なのに

頑張ってコーヒーマシンを

いろいろ紹介しまくっていました。

 

焙煎士ですから、

焙煎機に関しては

3日3晩語り続けられるほど

詳しいはずですが、

普通はコーヒーマシンに関しては専門外です。

 

なぜなら

焙煎にこだわっているお店では、

お店で出すコーヒーは

ハンドドリップで淹れるのが

圧倒的多数なので、

コーヒーマシンを使うことはありません。

(最近はフレンチプレスやエアロプレスを使うところが増えてます)

 

せっかくいい焙煎しているのに

機械任せで適当にドリップしたコーヒーを出すとは

思えませんよね。

 

なので、知識に貪欲だったり

好きで集めたりすることがなければ

焙煎士が持っている

コーヒーマシンに関する知識なんて

素人に毛が生えた程度です。

 

実際、マシンの紹介で話していた内容は、

説明書を見れば

誰でも話せる程度のことしか

言ってませんでした。

(誰にでも分かりやすくするために、

あえてそうしてたかもしれませんが)

 

もちろん、

「コーヒーの専門家なんだから、

コーヒーに関してあらゆることを知っているはず」

という、誰しもありがちな思い込みを

考慮してのこともあると思います。

 

ちなみに冒頭で

ハンドドリップの淹れ方のコツ

紹介していましたが、

いくら時間がないからとしても

淹れ方が少々雑過ぎだった気が…

 

キリマンが見た限り、

お世辞にも上手いとは言えない手さばきでした。

(キリマンはハンドドリップしないので、

人の事言えるのかと言われたら何も言えませんが)

 

実はこれも同じで、

「焙煎士=コーヒーのドリップが上手い」

という方程式はありません。

 

コーヒーが美味しいと評判の

自家焙煎コーヒー店なんかでは、

焙煎士はひたすら焙煎をし

バリスタがひたすらコーヒーを提供する

というのが基本です。

(キリマン”イチ押し”の

オールシーズンズコーヒーは、

まさにこのスタイル)

 

焙煎士が行うドリップは、

焙煎した豆がどんな風味になっているかを

確認する程度で、

お客様に提供ことはないので

それほど精度を求めたりはしません。

 

もちろん中には精度にもこだわって

バリスタと肩を並べるぐらい

プロのドリップが出来る人もいますが、

かなり少数です。

(キリマン行きつけのカンパネラの主人はその少数ですが、

ビーンズショップなので試飲のためだけに極めた人です)

 

 

ハンドドリップのコツや

コーヒーマシンの紹介がメインであったことからすると、

たぶん出演に一番適していた人はバリスタです。

 

キリマンはバリスタの大会で

優勝経験がある人が出るかなと思ってたんですが…

 

なぜ、バリスタを呼ばなかったのか?

疑問です。

 

そして、1番「おいおい」と思ったのが、

コーヒー豆の選び方

 

番組内で焙煎士は、

「銘柄で選ぶのではなく、焙煎の色で選ぶ」

と紹介してましたが、

キリマン的には

これは半分正解、半分間違いです。

 

浅煎りは酸味が強く、

中煎りは酸味と苦味の中間で

深煎りは苦味が強い。

 

焙煎度によって風味の傾向が変わるのは間違いないので、

これは正しいと思います。

 

だけど、銘柄を無視することは出来ません。

 

例えばケニアなどアフリカ産の豆

総じて酸味が強い傾向にあるのが特徴なので、

深煎りにしても酸味がしっかりと残っていて

深いコクとスッキリとした酸味が味わえるコーヒー

になったりします。

 

つまり、

”コーヒー豆は育つ地域によって風味が全く違ってくる”

ということです。

 

焙煎士は、

これを前提に焙煎度を行うことによって

「この豆はこんな風味かな」と予想がつき、

自分が出したい風味を出すには

どこまで焙煎すればいいのか、

というのが分かってくるわけです。

 

もちろんこれは

相当コーヒー豆に詳しくなる必要があるので、

テレビで言うような内容ではありません。

 

かと言って、

焙煎の色だけで判断するのはおかしい。

だから半分正解、半分間違いなんです。

 

ただ、あの流れでは

多くの人に勘違いを起こしかねない言い回しだったので、

「それってどうなのかな?」と、

キリマンは疑問を持ちました。

 

まあそれ以前に、日本人は

「コーヒーの酸味はマズイもの」

「苦味の強いコーヒーが美味い」

と思い込んでいる人が圧倒的に多いので、

そんな紹介すらいらなかったのではと(笑)

 

それより、

 

豆選びでもっと重要なことがあったので、

こんな感じで言ってほしかったなと。

 

コーヒー豆は生鮮食品です。鮮度で選んで下さい

 

これだったら世間一般の常識とは違うので、

インパクトがあって面白かったと思うんですけどね。

 

あと、

挽きたてを売りにしてるコーヒーを飲んではいけない

とか。

 

とまあ、こんな感じで

いろいろ残念だったなと。

 

もし「おうちコーヒーの世界」第2弾があって、

キリマンが出ることになったら

世の中のコーヒーの常識を

ことごとく覆してやりますよ(笑)

 

まあこんなこと書いてる時点で、

絶対来ないだろうな(笑)

 

<P.S.>

そういえば

番組内で焙煎士の方が豆を挽くときに使ってた手引きミル、

見た事がなかったので調べてみたら…

値段がヤバかったです。

https://item.rakuten.co.jp/branding-coffee/mlb009wd/?scid=af_sp_etc&sc2id=af_101_0_0

 

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Follow me!

kiliman

家飲みコーヒーアドバイザー。「どうすれば簡単に家飲みコーヒー(自宅で美味しいコーヒー)が楽しめるようになるのか?」100店舗以上自家焙煎コーヒー店を巡り、50回以上お試しコーヒーセットを試してきた経験を踏まえて、豆選びから器具探しまで、予算、現状などを考慮して、自宅で簡単、確実に美味しいコーヒーが飲める環境を提案。ブログやメルマガでは、家飲みコーヒーを楽しむために必要な情報や知識を随時発信中。

この投稿へのコメント

  1. 先程は急に失礼しました。佐々木です。マツコさんの番組興味があったんですが、この記事を読んだらもう充分です。
    恐らくキリマンさんがテレビに出たら困るような人が大勢いるのでしょう。これで良かったのだと思います笑

    1. >佐々木さん 

      いえ、こちらこそご指摘ありがとうございました。

      あくまで個人的な意見なので
      「自分が正しい」とは言えませんが、
      「これはいかんな」と
      思う節があったことは事実です。

      確かに、私が出ると
      絶対言ってはいけないようなことを
      ペラペラとしゃべってしまいそうなので
      いろんな意味でNGかもしれません(笑)

      そういった点では無難だったのかもしれませんね。

      コメントありがとうございます♪

  2. こんばんは。
    キリマンさんの 切り口は 正直で&鋭いので ホント 面白いです。
    お家 コーヒーの世界。
    内容の 中で マシンの紹介が 入ってきたので 私も オイオイ….? と、思いました

    お家コーヒーの 世界は・キリマンさんの
    正に 代名詞 ですよね。
    もし また キリマンさんに テレビオファーが ありましたら、 その時は 是非 出演して
    下さいネ。

    1. >ユミさん

      コメントありがとうございます。

      基本、言いたい放題しているだけですが、
      結果的にそうなってると言うことでしょうか?(笑)

      自分はマシンの紹介がメインになるのが
      分かっていたので
      しょうがないかなと思ってました。

      一般的なコーヒー消費者からすれば
      むしろ自宅ではマシンを使うのが
      普通と思われてるのかもしれませんね。

      自分が出ると全て覆してしまうので、
      多分よほどないと思いますが、
      もしまたオファー受けたら
      ぜひ出演して
      言いまくってやりたいと思います(笑)

  3. いつもブログを参考させていただいております。ありがとうございます。
    Kilimanさんは芯があって、とても尊敬しています。コーヒー好きにとって、そういった番組と焙煎士や本当にがっかりします。
    そもそも、美味しいコーヒーをコーヒーメーカーで飲まないですからね。笑。
    コーヒーマシンで淹れるとどうしてもコーヒーのキャラクターが消えてしまうと考えております。そして、苦い、渋い、雑味が出てきます。(´;ω;`)

    Kilimanさん自分の独特な考えを持っていらっしゃって、いつも記事が面白いと思ってます。
    これからもどんどん思うことを書き込んで知らせてくださいね^_^

    1. >ぶっちさん

      コメントありがとうございます(^^)

      テレビで紹介される焙煎士がみんなダメと
      いうわけではないと思いますが、
      番組の趣旨があって
      そこから逸脱するわけにはいかないので
      どうしても本人としては
      意図しない事でも
      言わざるを得なかったりすることも
      あると思いますよ。

      なので私は、番組での発言に頼らず、
      その人のお店のHPの作りや文章などを
      確認して判断してたりします。

      コーヒーマシンでコーヒーを淹れると
      キャラクターが消えてしまうというのは
      間違いです。

      コーヒーマシンでも
      新鮮ないい豆を使って
      分量などを守って
      ひと工夫するだけで、
      充分美味しいコーヒーを淹れられたり
      するんですよ。

      それこそ、下手なハンドドリップより
      よっぽど美味しかったりします。

      結局、豆とマシンの使い方に
      よりけりなんです。

      確かにコーヒーにこだわる人に
      マシンを使ってる人は少ないと思いますが、
      それは自分の飲みたいコーヒーの風味に
      近いものを出したいが為ではないかと思ってます。

      また良ければ、
      コーヒーマシンでの美味しいコーヒーの
      淹れ方もご紹介するので、
      楽しみにしていて下さいね(^^)

      1. 丁寧なご返事とご説明ありがとうございます。

        番組見ずに勝手なこを言いまして、失礼しました。実際は焙煎士誰がでてるもわからず。。(・・;)でも相変わらずKILIMANさんみたいな芯のあって折れないガチ勢が好きです(*^^*)

        そうなんですね!コーヒーマシンも美味しく作れるんですね!自分はいつもとてもとても苦いやつとか、雑味のあるやつとか淹れてしまうんで、好感度0でした。
        メルマガ登録させて頂き、次ぜひ美味しく作れる方法を教えてください\(^o^)/

        1. >ぶっちさん

          コメントありがとうございます(^^)

          コーヒーマシン使っても充分美味しいコーヒーは作れますよ。

          結局、
          美味しいコーヒーが淹れられるかどうかは
          「豆の質が全て」ですから。

          どんなに素晴らしい機材やテクニック、
          絶対美味しく淹れられる魔法のようなドリップ方法があったとしても、
          豆が悪かったらどうあっても不味いんです。

          コーヒーマシンでの淹れ方については、
          メルマガには書いておりませんが、
          近いうちにお伝えできるようにしますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo