実は大事、味を左右するポイントその4~抽出速度~ (抽出速度の違いによる味の変化)、そしてまとめ。

Pocket
LINEで送る

その1〜豆の焙煎度〜

その2〜豆の挽き方〜

その3〜水質とお湯の温度〜

と来まして、

”実は大事シリーズ”ラストは「抽出速度」です。

 

コーヒーはデリケートな飲み物ですから、

抽出する早さによって、風味が変わってきます。

 

当たり前の事ですが、

早くお湯を注げば、

その分、早く粉を通り抜けます。

 

また、

高い位置から注げば、

重力の関係で落下速度が速くなり、

勢いよくお湯が通り抜けるので、

必然的に抽出速度が速くなります。

 

10cmでも高さが変わると、

抽出速度はかなり変わるんですよ。

 

その2〜豆の挽き方〜で、

「粗挽きにすると、

お湯が通り抜けるのが早いので、

成分があまり抽出されない」

と書きましたが、

もう少し具体的に言いますと、

早い速度で抽出すると、

酸味や甘味などの成分が抽出されやすく

遅い速度で抽出すると、

苦味やコクなどの成分が抽出されやすくなります。

 

極端な話、

挽き方を粗くして早く注げば

酸味中心の軽いコーヒーになり、

挽き方を細かくして、ゆっくり注ぐと

苦味の強い濃厚なコーヒーになる、

ということです。

 

ーーーーーーー

 

4回に渡って、味を左右する4つのポイント

「焙煎度」「挽き方」「水質と温度」「抽出速度」

全てを見てきました。

 

まとめますと、

 

・その1「焙煎度」→

浅いほど酸味が強く、深いほど苦味が強くなる

・その2「挽き方」→

荒くなるほど酸味が強く、細かくなるほど苦味が強くなる

・その3「水質と温度」→

浄水でOK、80〜85℃のお湯で抽出

・その4「抽出速度」→

早く注ぐと酸味傾向の軽いコーヒーに、

ゆっくり注ぐと苦味傾向の濃厚なコーヒーになる。

 

この4つのポイントを意識して、

豆の購入から抽出までを行えば、

自分の好みに近いコーヒーが

楽しめるようになるかと思います。

 

ぜひ、試してみてくださいね。

Monacoinを投げる
モナゲ(tipmona)ってなに?
そもそもMonacoinってなに?

Follow me!

kiliman

家飲みコーヒーアドバイザー。「どうすれば簡単に家飲みコーヒー(自宅で美味しいコーヒー)が楽しめるようになるのか?」100店舗以上自家焙煎コーヒー店を巡り、50回以上お試しコーヒーセットを試してきた経験を踏まえて、豆選びから器具探しまで、予算、現状などを考慮して、自宅で簡単、確実に美味しいコーヒーが飲める環境を提案。ブログやメルマガでは、家飲みコーヒーを楽しむために必要な情報や知識を随時発信中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

wp-puzzle.com logo